SSブログ

遂に出た!α中級機「α77」登場!! - α77の特徴まとめ Part2 -

昨日に引き続きα中級機「α77」の特徴を記載していきたいと思います。
現在ソニーストアでは、販売開始されるまでの間、販売日程などをお知らせする、【メール登録】を受け付け中です。購入予定の方は是非ご利用ください。

icon
 デジタル一眼カメラ「SLT-A77VQ」
icon
  ズームレンズキット(キットレンズ:DT 16-50mm F2.8 SSM)
  ソニーストア販売予定価格:208,000円(税込)
  2011年10月14日発売予定
  iconicon

icon
 デジタル一眼カメラ「SLT-A77VQ」
icon
  ボディのみ
  ソニーストア販売予定価格:148,000円(税込)
  2011年10月14日発売予定
  iconicon

【「α77」関連エントリー】
 遂に出た!α中級機「α77」登場!! - α77の特徴まとめ Part1 -
 CP+で展示されていたSONY製品あれこれ
 
約235万ドット相当の解像度、自発光方式ならではの忠実な黒を再現する高コントラストで、被写体の細部に至るまで表示できる、有機ELを採用した電子ビューファインダー「XGA OLED Tru-Finder」を搭載。視野率100%はもちろん、視野角約33.3°、ハイアイポイント約27mmなど、フラッグシップモデルのα900に匹敵する見やすさを実現した高性能電子ビューファインダーです。

y_a77_OLED.jpg

ファインダー内でも「ピント拡大表示」ができるので、微妙なピントチェックが可能。

y_a77_assist.jpg

ファインダー内に「撮影情報表示」「グラフィック表示」「水準器表示」「ヒストグラム表示」なども表示可能で、背面液晶画面を確認することなくホワイトバランスなどの設定を変更できるのも、OVFにない大きな特徴ですね。また、3種類のグリッドラインをファインダーに表示できますので、好みや撮影スタイルに応じて切り替えて使用できます。

y_a77_LCD.jpg

マニュアルフォーカス時に、ピントが合った部分の輪郭を色つきで強調表示する「ピーキング」機能も搭載しています。ファインダー内でもピントの確認が一目で確認できるのでマクロやポートレート撮影に便利です。

露出やホワイトバランス、「クリエイティブスタイル」や「ピクチャーエフェクト」といった多くの設定効果の事前確認が、ファインダーから眼を離さずに行え、フレーミングを維持したまま設定変更、確認が可能なのは、いままでのOVFではなかった大きなメリット。背面液晶では確認が難しい明るい環境下でも、ファインダー内でしっかり確認することができます。

y_a77_finder_operation.jpg

液晶画面も大きく進化しました。ハイポジションやローポジションでの撮影はもとより、縦構図や横構図、三脚撮影など、どんな撮影スタイルでも無理なく撮影から画像確認までが行える新開発3軸チルト液晶モニターを搭載。多くのポジションで光軸の中心付近に液晶モニターを配置できるので、より自然かつ快適なライブビュー撮影を実現しています。

SLT-A77V_rear.jpgSLT-A77V_rear_02.jpgSLT-A77VQ_3.jpg

フルハイビジョン動画撮影機能もさらに進化しています。

y_a77_fullHD_02.jpg

「トランスルーセントミラー・テクノロジー」の搭載により、一眼ならではの位相差検出AFが動作するフルハイビジョン動画撮影ができるので、高速で動いている被写体にも一眼ならではの高精度AFが、被写体にピントを合わせ続けることが可能です。

a77_quick_AF_01.jpg

センサーからの読み出し速度が約60fps(59.94fps)に向上したことで、これまでの60i記録に加えて、60pのフルハイビジョン(AVCHD Ver.2.0、1920×1080)に対応。APS-Cという大型センサーならではの高画質な動画を、よりなめらかで美しいフルハイビジョン動画が撮影することが可能になりました。また、フィルム映画のような独特の表現を可能にするフレームレートの24p動画にも対応しています。また、「ピクチャーエフェクト」機能が動画撮影時でも設定可能なので、面白い動画がたくさんとれそうですね。

y_a77_like_cinema.jpg

α55で問題となっていた動画撮影時の熱問題もかなり改善されており、40C°の環境温度でも約13分の動画撮影が可能になりました。これは素直にうれしい改善ですね。動画連続撮影時間・動画フォーマット・動画記録時間などの一覧を以下に示します。

y_a77_format.jpg

ボディの外装は、厳しい撮影環境での使用にも耐えられるように、前部・後部の外装カバーに軽量で高強度なマグネシウム合金を採用しています。また、主要な操作ボタンやダイヤル部にシーリング処理を施し、各キャビネットやメディアカバーなどを2重構造にすることで、防塵・防滴に配慮した撮影者の信頼に応える高性能ボディとなっています。また、15万回のレリーズ耐久性を実現した、信頼性の高い新型シャッターユニットを採用。このあたらりはさすが中級機といったところですね。

a77_camerabody.jpgy_a77_button_02.jpg

ボディ上面に大型の液晶表示パネルを設置。ファインダーから目を離しても、カメラの構えを崩すことなく、主なカメラの設定値をすばやく確認可能。また、シナバーカラーのバックライトが点灯し、暗い場所での確認も容易です。

a77_panel.jpg

個性的なアート作品が撮れる「ピクチャーエフェクト」機能も搭載してきました。α55に搭載されていた機能のほかに新たに「絵画調HDR」「リッチトーンモノクロ」「ソフトフォーカス」「ミニチュア」の4種類が追加されています。「ミニチュア」で動画撮影なんかしたら面白いものが撮れそうですね!

y_a77_picture_effect.jpg

ボタンをワンプッシュするだけで、画像の中央部を約1.4倍と約2.0倍に拡大・記録できる「スマートテレコンバーター」も搭載しています。最高約2430万画素のCMOSセンサーなので、中央部分を約1.4倍に拡大した場合でも約1200万画素もあり、ズームしても高画質な画像を確保可能です。

y_a77_tele.jpg

バッテリーはα900などでおなじみのMタイプバッテリー「NP-FM500H」を採用。最大約530枚まで撮影できる大容量タイプですので動画撮影時にも重宝しそうですね。

Mタイプバッテリー「NP-FM500H」といえば、クリップオンLCDモニター「CLM-V55」でも使用できるバッテリーです。以前のエントリーで取り上げましたが、2つの「NP-FM500H」を同時に充電可能な「AC-VQ900AM」が、現在ソニーストアでは販売中止になっています。代わりのチャージャーもありますが、折角新しいαを出すのですから、代わりの物を早いところ用意してほしいですよね^^この辺りの詳しい話は過去のエントリー
SONY クリップオンLCDモニター「CLM-V55」購入時に覚えておきたい事
にてご確認ください。

α77を2日にわたってみてきましたが、「スロットはダブルスロットにしてほしいなぁ~」「連射時の連続撮影記録枚数がもう少し多ければなぁ~」と細かい不満点はありますが、総じてさすが中級機といえる出来で、あらゆる面で納得できる1台に仕上がっているという印象です。ソニーストアでの購入特典などは、まだ告知されていませんが、きっと何か用意されるであろうと思いますので、期待して待ちましょう!

【2011年秋 新型一眼カメラ 関連エントリー】
 手振れ補正搭載単焦点レンズ「SEL50F18(E 50mm F1.8 OSS)」
 Eマウント初のカールツァイスレンズ「SEL24F18Z(Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA)」
 スリムかつ軽量なEマウント専用望遠ズームレンズ「SEL55210(E 55-210mm F4.5-6.3 OSS)」
 有機ELファインダー・フラッシュを内蔵した究極の小型ミラーレス一眼「NEX-7」
 世界最速0.02秒リレーズタイムラグ 更に進化したミラーレス一眼「NEX-5N」登場 - NEX-5徹底比較 -
 Eマウント初のマクロレンズ「SEL30M35(E30mm F3.5 Macro)」が予約可能に
 ミラーレス一眼 NEXに待望のマクロレンズ登場!
 「トランスルーセントミラー・テクノロジー」を搭載したマウントアダプター「LA-EA2」登場!  遂に出た!α中級機「α77」登場!! - α77の特徴まとめ Part2 -  遂に出た!α中級機「α77」登場!! - α77の特徴まとめ Part1 - icon
 ◆◇ ソニーストア デジタル一眼カメラ「α77」のご案内はこちらから ◇◆
icon

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました