So-net無料ブログ作成

【製品レビュー】スティック型ウォークマン「NW-M505」、開梱レポート [ウォークマン・ICレコーダー関連]



音楽の楽しみ方の多様化に合わせ、普及拡大するスマートフォンとの連携を強化した、スティック型ウォークマン「NW-M505」のレビュー用端末が店頭に届きましたので、早速開梱の様子をお伝えしたいと思います。


 “ウォークマン”Mシリーズ「NW-M505」

  ソニーストア販売価格:17,800円(税込)
  ソニーポイント:890ポイント
  カラーバリエーション:シルバー/バイオレット/ブラック/ピンク
   ⇒ 商品詳細はこちら
   ⇒ 対応商品・アクセサリー

DSC00178

本体パッケージ。

相変わらずウォークマンのパッケージは小さいですね。

DSC00182

同梱資料一式。

これといって特別なものはないですが、簡単な使い方などは「取扱説明書」に記載されていますので、最初に目を通しておいた方がいいかもしれませんね。

DSC00183

同梱品一式。

ヘッドホンとヘッドホン延長ケーブル、イヤーピース(各サイズ2個一組)・USBケーブルですね。ストラップは同梱されていませんので、首にかけて使用したい方は、別途ストラップや専用のケースの購入が必要となります。


 M500専用ソフトケース「CKS-NWM500」

  ソニーストア販売価格:2,980円(税込)
   ⇒ 商品詳細はこちら


 レザーネックストラップ「STP-NWN30」

  ソニーストア販売価格:1,980円(税込)
   ⇒ 商品詳細はこちら


 シリコンネックストラップ「STP-NWN5」

  ソニーストア販売価格:1,481円(税込)
   ⇒ 商品詳細はこちら

DSC00184

ウォークマンなのですが、接続はウォークマンポートではなく、スマートフォンと同じマイクロUSB端子となります。

なのでウォークマンポートのみ対応するアクセサリーは使用頂けませんのでご注意下さい。

DSC00186
DSC00187

胸ポケットなどにウォークマンを引っかけて使用するためのクリップも同梱されています。

DSC00185

では早速本体を見ていきましょう。

DSC00193

スティック型ウォークマン「NW-M505」本体。

Bluetoothレシーバーとほぼ同じくらいの大きさですが、この本体に16GBメモリー内蔵で音楽を格納できるだけでなく、「S-Master MX」や「デジタルノイズキャンセリング機能」などの高音質技術や、スマホと連携してのハンズフリー通話にも対応するのですからたいしたものですよね!

※ デジカメのオート機能では本体の色味が再現できないため、ホワイトバランスをいじって撮影しています

DSC00199
DSC00196

本体先端にある「シャトルスイッチ」を回すことで、ウォークマンの楽曲操作やFMラジオの操作をすることになります。

 【通常の状態】
  音楽:曲戻し/曲送り、早送り/早戻し
  FMラジオ:プリセット選曲

 【シャトルスイッチを引いた状態】
  音楽:フォルダー戻し/フォルダー送り
  FMラジオ:マニュアル選局



この辺の操作感は、その昔発売されていた香水瓶の異名を取った「ウォークマン Eシリーズ」と同じですね^^

本体前面には、電源の入/切や項目の決定、音楽の再生や停止、着信受話などを受け持つボタンの他に、楽曲情報などを表示する有機ELディスプレイ、SONYロゴの下には内蔵マイクが格納されています。

DSC00202
DSC00207
DSC00205

ウォークマン側面には、誤動作防止のための「HOLDスイッチ」と「ボリュームボタン」、前画面に戻ったり着信終話やキャンセルなどの操作が可能な「HOME・BACKボタン」、設定をリセットする「RESETボタン」。

本体裏面には、ワンタッチでスマホと接続することができる「NFC」が搭載されています。NFC搭載のスマートフォンならワンタッチでBluetooth接続を行うことが可能です。

DSC00211

充電や楽曲転送などを行うUSB端子は、この場所にあります。

DSC00217

付属のクリップを付けるとこんな感じ。

クリップのカラーが本体カラーと同色ではないため、見た目はあまりよくないですね。クリップ自体も、思ったほど強く挟み込むというわけではないので、場合によっては外れてしまうこともあるかもしれませんね。過信は禁物です。

DSC00698

ちなみにクリップを付けた状態では、NFCマークの一同士を重ね合わせても、接続することができません。ただ、写真のように横から接続することで問題なく動作することができました。



以上、スティック型ウォークマン「NW-M505」の開梱レビューでした。

出来るだけ本体が小型で、それでいて高音質での音楽再生を楽しみたいという方にとっては、ドンピシャなプレイヤーなのは間違いないです。スマホにもNFCでワンタッチ接続で、電話の待ち受けも出来るのもポイント高いでし、スマホとセットで持ち歩く音楽プレイヤーとしても、売れそうなウォークマンではないでしょうか、価格もそこまで高くないですしね^^

次回は実際に使っての使用感などをお伝えしたいと思います。



スマホと持てる高音質。
ジャマにならないスティック型ウォークマン


 【ソニーストア】“ウォークマン”Mシリーズ「NW-M505」のご案内はこちらからどうぞ


【関連blogエントリー】
 [13.10.02 当店blogエントリー]
 ・【ストアレポート】見ると欲しくなる、スティック型ウォークマン「NW-M505」外観プチレポート
 [13.09.28 当店blogエントリー]
 ・スマートフォンの音楽や動画を、ワイヤレス接続を通じて高音質で楽しめる、ウォークマンMシリーズ登場!
 [13.09.25 当店blogエントリー]
 ・【速報】ハイレゾ対応Androidウォークマン、スティック型高音質ウォークマンなど新型ウォークマン6シリーズ発表!



ウォークマンの表面をキズや汚れから守るソフトケース


 【ソニーストア】M500専用ソフトケース「CKS-NWM500」のご案内はこちらからどうぞ




エレガントに持ち歩けるレザーネックストラップ


 【ソニーストア】レザーネックストラップ「STP-NWN30」のご案内はこちらからどうぞ




選べる5色。本体カラーに合わせてコーディネート


 【ソニーストア】シリコンネックストラップ「STP-NWN5」のご案内はこちらからどうぞ



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました