SSブログ

性能と価格バランスが秀逸!タフさも兼ね備えたモバイルPC「VAIO Pro 13 | mk2」登場!! [VAIO・PC・タブレット関連]



実用性を重視しよりタフに、より便利に生まれ変わった「VAIO Pro 13 | mk2」。mk2といいながらもフルモデルチェンジに近い進化を遂げています。

ではどのような進化を遂げたのか、その辺を中心にじっくり確認してみましょう。


 パーソナルコンピューター VAIO Pro 13 | mk2「VJP1321」

  ソニーストア販売価格:109,800円+税 ~
  カラーバリエーション:ブラック/シルバー
   ⇒ 商品詳細はこちら
   ⇒ 対応商品・アクセサリーはこちら

持ち歩くモバイルパソコンだからこそのタフネスボディ





まずは上記動画を見て下さい。

思わず目をそらしたくなるような痛々しい動画ですが、この動画が全てを物語っています。そうです、今度の「VAIO Pro13 | mk2」は実にタフなんです。



モバイルPCは、思わぬ危険や圧力にさらされているもの、「VAIO Pro 13 | mk2」の開発は、既存モデル VAIO Pro 13の耐久性をもう一度ゼロから見直すことから始まりました。



LCDハウジングには、マグネシウム合金、負荷のかかるヒンジ部は、マグネシウムの削り出しにより剛性を高めるなど構造的に強いボディに進化。

キーボードやタッチパッド、ケーブルの抜き差し部分など、ボディ内部の負担がかかりやすい箇所に立ち壁状のリブを追加することで、堅牢性を強化。同時にキーボードやタッチパッドの操作性の向上にもつながっています。

さらに断面が六角形状に形づくられた「Hexa-shell(ヘキサシェル)」デザインを引き続き採用することで、衝撃に対する耐久性とデザイン性を兼ね備えたボディとなっています。

ただ「薄い」「軽い」だけではない、実用性を備えたボディ



「VAIO Pro 13」同様、ストレスなく持ち歩くことができる「薄さ」と「軽さ」を追求する姿に変わりはありません。ただ「VAIO Pro 13 | mk2」は闇雲に「薄さ」と「軽さ」を求めるのではなく、使いやすさとデザイン性を両立した、使い勝手をも貪欲に求めたパソコンへと進化しています。



ノンタッチモデルなら、質量1.03kg、最薄部13.2mm。

この軽量、薄型ボディにHDMI端子、アナログRGB出力端子、LAN端子、USB端子×3を内蔵。外付けアダプターなしで、どんな環境にも対応することが出来るようになりました。

更にHDMI/アナログRGB同時出力、自液晶を含めると3画面同時出力にも対応。

「VAIO Pro 13」が、USB端子×2にLAN端子、RGB出力非搭載だったことを考えると、使い勝手は大きく進化したといっていいでしょうね。



バッテリーも約9.4〜10.4時間のスタミナバッテリーを搭載。アダプター無しでも外出先や打ち合わせなどでも安心して使用することが出来ます。ACアダプター自体も非常にコンパクトに出来ているので、出張などで持ち歩くことがあったとしても、持ち歩く事へのストレスはほぼないといっていいかもしれませんね。

ACアダプターにはUSB端子が付いているので、PCに接続することなくスマホやタブレットを充電するといったことも可能です。

ビジネスシーンでも使える、使いやすさが凝縮されたPC



最新の第5世代インテル Core iプロセッサーを搭載。

従来搭載されていた第4世代と比べ、CPU性能で23%、グラフィックス性能で47%の性能が向上、同じ仕事でもより速く処理することが可能に。



もちろんOfficeも、最新のOffice PremiumとOffice 2013から選択可能。



前機種と同じく、手のひらや手首にかかる負担を大幅に軽減する段差を抑えたパームレスト設計はそのままに、



VAIO Zと同じ打鍵感・音質を実現したキートップを採用。暗い場所でもストレスなく使えるバックライトキーボードと共に、心地よい使用感を実現しました。



タッチパッドも大きく進化、左右のボタンを分けることで、クリックの誤動作を減らし、確実性を高めることに成功しています。



液晶も高精細、広視野角、高輝度なフルHD IPS液晶を採用。あらゆる角度からでも見やすい視野角を確保しながら、今まで表現し切れなかった微妙な色のニュアンスや質感までもを鮮やかに映し出すことが可能。



同時にバックライトの光の向きを制御することで、低消費電力化をも実現。こういった技術が積み重なることで、薄型ながら長時間駆動可能なボディを創り出しているんでしょうね。



モバイルパソコンながら大容量のボックススピーカーを搭載することで、パワフルで臨場感のあるサウンドを再現しているのも「VAIO Pro 13 | mk2」の特徴。クリアないい音で、音楽やムービーを堪能することが出来ます。



「VAIO Z」同様、高感度なW-LANを搭載しているのも大きな特徴。電波が弱い環境下でも安定した速度でインターネットを楽しむことが出来ます。

他にも、圧倒的な転送速度を誇るハイスピードSSDが搭載可能であったり、物理的に分離したセキュリティーチップが、ビジネスの現場に必要な強固なセキュリティーを実現するなど、使えるモバイルパソコンへと変貌しています。

ボディのタフさや豊富なインターフェースと相まって、オフィスでも自宅でも安心して使用できるパソコンといえそうですね。

より詳しい商品情報については、こちらのVAIO株式会社のホームページにてご確認下さい。



あまりにも変化のない名前とは裏腹に、中身は全く別物といっていいほどの進化を遂げた「VAIO Pro 13 | mk2」。

若干質量は増えましたが、その分LAN端子やVGA端子などの豊富なインターフェースを内蔵し、タフさや剛性も大きくアップ、使いやすさをも追求した、「使えるパソコン」に進化しました。価格も「VAIO Z」ほど高くはないので、大学に進学した子供用としても導入しやすいというのも有り難い限りですよね!

当店(樟葉店)では12日(金)より、実機の展示を開始します。

「VAIO Z」「VAIO Z Canvas」と共に、北大阪でVAIOをご体験いただける数少ない店舗の1つですので、くずはモールに遊びに来たついででも結構ですので、ぜひ実機を触りに来てください。

大きな進化を実感できるはずですよ^^



実用性を重視」した薄さと軽さ、剛性や耐久性など使いやすさを実現した13.3型ワイドPC


 【ソニーストア】パーソナルコンピューターVAIO Pro 13 | mk2「VJP1321」のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー


 ■ タフさと軽さを兼ね備えたタフモバイルPC「VAIO Pro 13 | mk2」、先行予約販売開始! [15.06.04 記載]
 ■ 【速報】タフさと軽さを兼ね備えたタフモバイルPC「VAIO Pro 13 | mk2」登場! [15.05.25 記載]






nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました