SSブログ

【実機レビュー】『VAIO S11』『VAIO S13』をソニーストアで見てきたよ! [VAIO・PC・タブレット関連]



久しぶりに登場したVAIO新機種『VAIO S11』『VAIO S13』『VAIO S15』。

先週金曜日より、ソニーストア直営店にて展示が始まったということで、早速実機を触ってきましたので、まずは『VAIO S11』『VAIO S13』の様子から紹介したいとおもいます。


 パーソナルコンピューターVAIO S11「VJS1121」

  ソニーストア販売価格:104,800 円+税 ~
  カラーバリエーション:ブラック、シルバー、ホワイト、ブラウン
   ⇒ 商品詳細はこちら


 パーソナルコンピューターVAIO S13「VJS1321」

  ソニーストア販売価格:104,800 円+税 ~
  カラーバリエーション:ブラック、シルバー
   ⇒ 商品詳細はこちら

※ ソニーストア大阪での商品のカメラ撮影は禁止されています。今回はストアさんのご好意で許可を頂いた上撮影しています。ご理解の程よろしくお願いいたします。


『VAIO S11』『VAIO S13』は基本的には同じマザーボードを採用しているため性能差は無く、液晶含めたサイズ感、質量の違い、カラバリだけが違う兄弟機となっています。

性能やカスタマイズ構成等は、当店HPにて詳細に記載させていただきましたので、そちらを参考にしていただければと思います。

VAIO S11「VJS1121」 徹底レビュー

VAIO S13「VJS1321」 徹底レビュー

【ソニーストア大阪での展示の様子】


ソニーストア大阪では、『VAIO S13』『VAIO S11』各2台ずつ展示されていました。



『S13』はブラック、シルバー、



『S11』はブラウン、ホワイトだけで、ブラック、シルバーの展示はありませんでした。

色味は『S13』『S11』同じということですので、ブラック、シルバーの購入をお考えの方は、『S13』の写真を参考にしていただければと思います。

【『S13』『S11』サイズ比較】



『S13』『S11』のサイズの違いはこんな感じ。

サイズ比較
『VAIO S13』『VAIO S11』
外形寸法(幅 x 高さ x 奥行)
約 320.4mm x 15.0~17.9 mm x 216.6mm
約 283.4 mm x 15.0~17.9 mm x 195.5mm
本体質量
約 1060 g
約 860 g


やはり『S11』の方が小さくて持ち運びには便利そうですが、その分液晶が小さくなりキーボードの大きさの違いもあります。

その他比較
『VAIO S13』『VAIO S11』
画面サイズ
13.3 型ワイド
11.6 型ワイド
表面処理
アンチグレア
低反射コート
キーボード ストローク
約 1.2 mm
約 1.2 mm
キーボード ピッチ
約 19 mm
約 16.95 mm
バッテリー駆動時間
約 11.5 - 12.5時間
約14.5 - 16.0時間


より快適に使いたい方は『S13』の方がイイかと思います。



【カラーバリエーション「ブラウン」】※ 写真は『VAIO S11』です






【カラーバリエーション「ホワイト」】※ 写真は『VAIO S11』です


 ※ このカラーだけキーボードがホワイト



 ※ パームレストはシルバー



【カラーバリエーション「シルバー」】※ 写真は『VAIO S13』です






【カラーバリエーション「ブラック」】※ 写真は『VAIO S13』です


 ※ 指紋が目立ちます^^;




私が見て1番目を惹いたのは、『VAIO S11』のブラウンですね、素直にカッコイイです^^

見ての通り天板の「UDカーボン素材」やヘアライン仕上げのパームレストなど、先代『VAIO S11』とは全く違う、高級感あふれるボディーになっています。

カラー「ブラウン」は、その高級感を更なる高みに引き上げるくらいの威力がありますね!

「ブラック」もよかったのですが、やはり指紋が目立つのが気になりますね。

【ファースト・インプレッション】


先程からいっているように、とにかく新「VAIO S11/S13」は、チープさがなくなり所有感をくすぐる作りになっていますね。

「VAIOらしさが戻ってきた」そんな感じがしました。




使いやすさ1つとっても、

 ・VGA端子
 ・HDMI端子(4K出力対応)
 ・LAN端子
 ・USB 3.0×3

と、ビジネスシーンにおいては、全く困らないであろう豊富な内蔵端子を搭載している点、特に『VAIO S11』のあの小さなボディにも、同じ充実の内蔵端子搭載ですからね、この妥協のなさ、流石としたいいようがないです^^



地味ですがタッチパッドも大きく進化していました。

先代『S13』で好評だった、誤動作を防ぐ2ボタンタッチパッドを採用、クリック音があまりしないよう工夫していたり、ホームポジション中央下部に設置されているなど、こだわりの設計となっています。

更にスマートフォンのような滑らかな動きを実現する高精度タッチパッドを採用しているので、ストレス無くポインターの移動が行えるようになりました。

実際に触ってみたのですが、ポインターの動きが素晴らしく、ここってポイントまで思うがままに制御することが出来ます、これならマウスがなくてもなんとかなりそうですね、これはいい仕上がりです!





契約する通信事業者を選ばないSIMフリーLTEに対応した点も大きな進化。



しかも国内3大キャリアにもほぼ対応、キャリア・アグリゲーションにも対応しているので、下り最大450Mbps(理論値)という驚異的なハイスピードでモバイルデータ通信を行うことが出来ます。



Windows 10の新機能「データプラン」(必要な時に、必要な分だけ購入して使える、プリペイド型モバイルインターネット接続の販売サービス)にも対応していて、設定無しで必要な時だけ必要な分だけ通信することが出来るので、普段は「テザリングやWi-Fi」で、「いざという時は安定したLTE通信で」という使い分けも出来ます。

格安SIMなどを利用すれば、月々の維持費も安く抑えることが出来るので、1つVAIO専用の回線を契約しいつでも通信出来るようにしておくのもいいかもしれませんね。



発表当初は、狭額ベゼルや第8世代プロセッサー、「Thunderbolt 3」が見送られたことなど、個人的にはガッカリの面も多かったのですが、そこはVAIO、ビジネスで使うパソコンとして、ユーザーの意見をしっかりと取り込んで、いいものを仕上げてきていますね。

実際に触ってみることで、その質感と使い勝手の良さはすぐに実感できると思いますので、仕事で使うパソコンをお探しの方は、1度実機を触ってみることを強くオススメします。

以上、『VAIO S11』『VAIO S13』のフォトレビューでした。



当店では今週末より実機展示を開始、普段よりおトクに購入頂ける「体験フェア」も実施します。

実機を触ってみたいという方は、是非当店までお越し下さいね!

※ それにしても「VAIO キーボード水かけ試験」動画は、なかなかに衝撃的なものでしたよね^^





“スマート”コンパクトPC


 【ソニーストア】パーソナルコンピューターVAIO S11「VJS1121」のご案内はこちらからどうぞ




“スマート”スタンダードPC


 【ソニーストア】パーソナルコンピューターVAIO S13「VJS1321」のご案内はこちらからどうぞ




分かりやすく徹底解説 VAIO徹底レビュー

分かりやすく徹底解説 VAIO徹底レビュー

当店では最新のVAIO株式会社製、パーソナルコンピューター「VAIO」の実機を使用したレビュー記事を掲載しています。ソニーストアで購入可能な「カスタマイズモデル(VAIO オーナーメードモデル)」を始め、各モデルごとに用意されたケースなども徹底解説しています。

是非こちらもご確認下さい!












nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 0

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。