SSブログ

ワイヤレスなのに臨場感のあるサラウンド!お手頃価格の7.1ch対応ヘッドホンシステム『WH-L600』登場! [ヘッドホン・スピーカー・ホームシアター関連]



映像機器と組み合わせてゲームや映画などのコンテンツを7.1chVPT による臨場感のあるサラウンドでお楽しみいただける、デジタルサラウンドヘッドホンシステム『WH-L600』がソニーより発表されました。

ヘッドホンスタンドが充電台になるなど、使い勝手についても考慮した、なかなか面白そうなヘッドホンです。


 デジタルサラウンドヘッドホンシステム『WH-L600』

  ソニーストア販売価格:29,880 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら



デジタルサラウンドヘッドホンシステム『WH-L600』の主な特徴は以下の通り。

  • 映画音声 5.1chに背後の音を表現するサラウンドバック2chを加えた7.1ch音声をソニー独自のVirtualphones Technologyにより、仮想的なサラウンド音場を実現
  • DOLBY DIGITAL,DTS Digital Surround,AACなど多彩な音声フォーマットに対応
  • 2chまたは5.1chの入力音声を、DOLBY Pro logic IIxによって7.1chに拡張
  • 微小な間接音や余韻部分を再現し、自然な音場を体験できる「Natural Reverb Reproduction」
  • 使用しない時は本体プロセッサーも兼ねる充電用ヘッドホンスタンドで充電が可能
  • 「シネマモード」「ゲームモード」「ボイスモード」「スポーツ」など多彩なエフェクトモードを搭載
  • ブラビアとHDMIケーブルを繋ぐだけでリモコンひとつでかんたん操作が可能な「ブラビアリング」対応
  • HDMIケーブルだけでテレビの音声を楽しめめるオーディオリターンチャンネル(ARC)に対応
  • 映画やクラシック音楽、ゲーム等のダイナミックレンジの広い音を聞きやすくする「コンプレッション機能」搭載
  • ヘッドホンは最大17時間使用可能なスタミナ性能
  • ヘッドホン出力にバランスドライブ方式を採用したことで、サラウンド効果をより一層向上
  • オーディオデコード/VPT用に最大2.4GFLOPSの演算能力を持つ高精度DSPを採用、マルチチャンネル音声を臨場感豊かに再生
  • プロセッサー部の安定した電源供給を追及し、電源供給部に1000μF×2の大容量電解コンデンサを使用
  • 真空で密閉された水晶振動子を採用、発振効率を上げ位相ノイズを低減




映画音声 5.1chに背後の音を表現するサラウンドバック2chを加えた7.1ch音声をソニー独自のVirtualphones Technologyにより、仮想的なサラウンド音場を実現するのがこのヘッドホンの大きな特徴。

7.1chのサラウンドで映画を楽しめるので立体感がより高まり、映画などをより楽しめます。



また付属のヘッドホンスタンドには、本体プロセッサー機能だけでなく充電機能まで搭載

ヘッドホンを使わない時でも置き場所に困らないだけでなく充電までしてくれるなんて、実にナイスなアイデアですよね!

ヘッドホン自体のスタミナもかなりのもので、最大17時間の使用が可能

これなら「今日は丸1日映画三昧だぜ!」という場合でも、電池切れすることなく楽しめます!

ちなみに増設ヘッドホンには対応していないとのことですので、2人で映画を大音量で楽しむといったことは出来ませんのでご注意下さい。



接続もご覧の通り実にカンタン。

HDMIコードと電源コードを接続するだけでセッティング完了。

これなら機械関係が苦手な方でも戸惑うことなく設置することが出来ますね!

ただ付属品にHDMIコードはありません、この接続をする方は、事前に別途用意しておきましょう!



より詳しい商品仕様については、こちらの公式ページにてご確認下さい。



以上、デジタルサラウンドヘッドホンシステム『WH-L600』のご紹介でした。

ワイヤレスで映画を楽しみたいという需要は以外と多かったのですが、いかんせん値段が高いものが多く、気軽に導入できるものではありませんでした。

今回登場した『WH-L600』はその点、価格面ではかなり頑張っていて30,000円を切る価格で登場しています。

それにプラスして、使い勝手や音質についてもブラッシュアップしてきているので、これは結構売れるのではなんて思ったりもしています。

ホームシアターシステムを導入できない環境やマンションなど大音量で映画を楽しめない環境にお住まいの方に、非常にオススメ出来そうな製品です。

後は肝心の音質がどうなのか・・これについては実機で確認するしかないですよね!

昨日紹介した『MDR-1AM2』と同じく、実に試聴が楽しみなモデルです^^



7.1ch VPT(Virtualphones Technology)が臨場感あふれるサラウンド音場を再現


 【ソニーストア】デジタルサラウンドヘッドホンシステム『WH-L600』のご案内はこちらからどうぞ




あらゆるジャンルの音楽をありのままの音を届ける。ソニーのTHE HEADPHONES


 【ソニーストア】ステレオヘッドホン『MDR-1AM2』のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー


■ より高音質により扱いやすく!小型軽量化まで果たした ザ・ヘッドホン『MDR-1AM2』登場![18.02.21 記載]



音楽専用機ならではの高音質体験が楽しめるソニーウォークマンを徹底レビュー!

音楽専用機ならではの高音質体験が楽しめるソニーウォークマンを徹底レビュー!

当店では音楽再生に特化した「ウォークマン」の実機を使用したレビュー記事を多数掲載しています。各モデルごとに用意されたケースなども徹底解説しています。
是非こちらもご確認下さい!









nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 7

コメント 0

Facebook コメント