So-net無料ブログ作成

アニメ/ドラマ予約が最長1ヶ月先から可能、4K Ultra HD ブルーレイの再生にも対応した新型レコーダー『BDZ-FT/BDZ-FWシリーズ』登場!! [ブルーレイレコーダー・メディアプレイヤー関連]



4K Ultra HD ブルーレイ再生対応のブルーレイディスクレコーダー6機種がソニーより発表されました。

発売日は5月26日(土)で、ソニーストアでは既に先行予約販売を開始しています。


 ブルーレイディスク/DVDレコーダー『BDZ-FT3000/BDZ-FT2000/BDZ-FT1000』

  ソニーストア販売価格:74,880 円+税 ~
   ⇒ 商品詳細はこちら


 ブルーレイディスク/DVDレコーダー『BDZ-FW2000/BDZ-FW1000/BDZ-FW500』

  ソニーストア販売価格:59,880 円+税 ~
   ⇒ 商品詳細はこちら

【プレスリリース】

 4K Ultra HD ブルーレイ再生対応のブルーレイディスク™レコーダー6機種を新発売




新型ブルーレイディスクの主な特徴は以下の通り。
※ 6機種の違いはハードディスク容量と搭載チューナー数のみ

  • 最長1カ月前から簡単に録画予約が可能な「新作ドラマ・アニメガイド/先行予約」
  • 番組ごとの情報ページを自動的に作成、同じシリーズの録画済み番組を一覧表示して再生したり、同じ出演者が出ている他番組、同じジャンルの話題の番組、視聴者のクチコミを表示してくれる「新作ドラマ・アニメガイド/関連動画」
  • どの番組が多くの人にクチコミされているかを、ランキング形式で最大20位まで表示してくれる「新作ドラマ・アニメガイド/クチコミランキング」
  • 表示できる放送局数が多く、各番組の情報を細かく表示可能な見やすい番組表
  • みんなが予約している番組がわかる「みんなの予約ランキング」
  • 好みの番組を自動で録画してくれる「おまかせ・まる録」
  • 最大6TBの外付けハードディスクの増設が可能、SeeQVault対応の外付けハードディスクへの直接録画が可能
  • 高速なUSB3.0規格に対応
  • 3番組を同時に長時間録画できる機能の搭載
  • 3番組同時録画中でも様々な操作が可能な充実のマルチタスク性能
  • ケーブルテレビチューナーとLAN接続して録画することが可能
  • スカパー!プレミアムサービスチューナーとLAN接続して録画することが可能
  • 録画した番組が、すぐ見つかる「番組リスト」
  • 音声付き1.3倍早見再生対応
  • 録画中に、音や映像の切り替わりを検知して、自動的にチャプターを作成する「おまかせチャプター」
  • 3つのLEDを搭載し高い受光感度を実現したリモコン
  • 「瞬間起動モード」で約0.5秒で起動する「0.5秒瞬間起動」
  • 放送中の番組や録画した番組を好きな場所で見る、録画した番組を転送して持ち出す、さらに外出先から録画予約する、様々な操作が可能な「Video & TV SideView」アプリに対応
  • 解像度・色域・輝度が、従来のブルーレイを大きく超えた、4K/Ultra HD ブルーレイ再生対応
  • 従来のHDR非対応の4Kテレビに接続した場合も、ダイナミックレンジのより広いHDR対応のような、コントラストに優れた階調感のある映像に変換
  • ハイビジョン映像を4Kブラビアに最適な映像に調整して出力し、さらにブラビアで4Kにアップコンバートする「4Kブラビアモード」が有機ELテレビも対応に
  • 他社製4Kテレビでも、ブルーレイディスクや録画番組、放送中の番組のハイビジョン映像を4Kにアップコンバートする「4Kアップコンバート60p対応」
  • 原音をCDよりも細かくデジタル化し、生に近い音を再現するハイレゾに対応
  • 圧縮された音声を独自技術「DSEE HX」によりハイレゾ(最大96kHz/24bit)相当に復元、テレビの音声も、よりくっきりと臨場感にあふれた音で再生可能に
  • Wi-Fi機能内蔵
  • 別の部屋のテレビで録画した番組を再生可能な「ソニールームリンク」対応
  • 4Kハンディカムやアクションカムなどで撮影した高精細な4Kカメラ動画を、USBケーブルで簡単に取り込み可能
  • 「録画リスト」でリモコンの「黄」ボタンを押し日付まとめ表示すれば、連続再生も可能
  • 一度取りこんだ映像を自動で判別し、新たに撮影された映像のみを取りこむ「差分取りこみ」に対応
  • ムーブバック機能[ブルーレイディスク(BD)からHDDへの書き戻し機能]対応
  • 従来の映像・音声信号用のHDMI出力に加えて、音声信号専用HDMI出力も搭載


赤字で記載されているのが、今回の機種から採用された新機能となります。

ほとんどの機能は前機種『BDZ-ZT3500/BDZ-ZW2500』等から継承され、新しく「Ultra HDブルーレイ再生」や予約系機能の拡充を図ったのが、今回のブルーレイレコーダーって感じです。

とはいえ追加された機能がかなり魅力的で、実に面白い機種に仕上がっているんです!



今回の新型ブルーレイレコーダーの最大の特徴といえるのが、解像度・色域・輝度が、従来のブルーレイを大きく超えたUltra HD ブルーレイにようやく対応したということ。



すでに他社ではかなり前から搭載されていたのですが、ソニーはなぜか、かたくなに搭載してこなかったこの機能、ところが今回のブルーレイレコーダーのラインナップでは、すべてのモデルが「Ultra HD ブルーレイ」の再生に対応という気前の良さ!

一番安いモデルである『BDZ-FW500』にも搭載されているのですから驚きですよね!



「Ultra HD ブルーレイ」の再生には、4K HDRに対応した液晶テレビが必要となりますが、非対応の4Kテレビに接続した場合も、ダイナミックレンジのより広いHDR対応のような、コントラストに優れた階調感のある映像に変換する機能も搭載。

より高画質な4K映像を楽しむことができます。



また撮り逃がしを極力少なくする、そんな録画機能の拡充も新型レコーダーの大きな進化ポイント



今までのレコーダーの場合、アニメやドラマの予約は8日前からのみ可能だったのですが、この仕様だと番宣がガンガン流れていておもしろそうだと思っていても予約でき無いというジレンマがあったんですよね。

いざ8日前になると予約を忘れてしまい見逃す・・・このパターンが実に多いこと多いこと・・・。

新型レコーダーでは、「KADOKAWA」が提供する番組データをもとに「新作ドラマ・アニメガイド」を作成最長1カ月前からでも簡単に録画予約ができるという、素晴らしい機能を搭載しました!

私のようなアニメ好き・連ドラ好きにはある意味、「Ultra HD ブルーレイ」搭載よりもはるかに有り難い新機能といえますよね!



他にも、新作ドラマ・アニメの関連情報を自動的にまとめてくれる「新作ドラマ・アニメガイド/関連動画」や



どの番組が多くの人にクチコミされているかを、ランキング形式で最大20位まで表示してくれる「新作ドラマ・アニメガイド/クチコミランキング」などの機能も搭載。

新番組を撮り逃がすことなく予約録画できます。



自分で撮影した動画取り込み機能もバージョンアップ。

撮影した4K動画を日付でまとめて連続再生できる機能や、次回取りこみ時からは新たに撮影した動画のみ取り込む「差分取りこみ」4K動画の「サムネイル表示」にも対応しました。

取り込みも管理もこれでずいぶん楽になりそうですが、4K映像の編集に関しては今回は進化ナシ、結合・分割だけでも対応してくれるとより使い勝手がよくなるんですけどね・・・。

その他の機能詳細については、こちらの公式ページにてご確認ください。



以上、新型ブルーレイレコーダーの紹介でした。

時期が時期だけに、12月に始まる4K放送対応のチューナー搭載とまではいかなかったようですが、念願の「4K/Ultra HD ブルーレイ再生対応」に、充実した予約番組機能と、かなり魅力あるレコーダーに仕上がっているなという印象。

先取り予約機能なんかは、アニメ好きな方にはかなり響いたのではないでしょうか?



現在ソニーでは、新型ブルーレイレコーダーやプレイヤー購入者を対象に、4K ULTRA HD ブルーレイソフト「ブレードランナー2049」を抽選で1,000名様にプレゼントする、太っ腹なキャンペーンを実施中!

ブルーレイレコーダーを購入予定の方は、当選率が結構高そうですのでご応募お忘れなく!



録り逃し防止機能がさらに充実。4K映像を堪能できるUltra HDブルーレイ再生対応モデル


 【ソニーストア】ブルーレイディスク/DVDレコーダー『BDZ-FT3000/BDZ-FT2000/BDZ-FT1000』のご案内はこちらからどうぞ


 【ソニーストア】ブルーレイディスク/DVDレコーダー『BDZ-FW2000/BDZ-FW1000/BDZ-FW500』のご案内はこちらからどうぞ








nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント