SSブログ

川辺からの撮影で威力を発揮!サイバーショット『RX100M6(RX100 VI)』を持って「魚飛渓」で川遊びしてきました!! [店員の休日]

子供が夏休みに入ったという事で、三重県海山にある「魚飛渓」まで川遊びに行ってきました。

アユやアマゴなどの川魚が飛び交うことから「魚飛渓」と名づけられたそうで、キレイな水質で有名な川遊びスポットなんです。

普段の旅行では『α7 III + SEL24105G』をお供にするところですが、場所が岩場だらけの山奥って事で、今回は『RX100M6(RX100 VI)』を持っていくことにしました。


 デジタルスチルカメラ“サイバーショット”『DSC-RX100M6』

  ソニーストア販売価格:138,880 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

見て下さい、この大自然!

そしてこの水質!

水の透明感がハンパないです。

「魚飛渓」の名前の由来になったアユなんかも、普通にうようよ泳いでおります^^;

娘達も100均で買った網を持って、意気揚々とアユを捕まえようと張り切っておりましたが、さすがにこの網では取れるはずもなく惨敗。

それでも娘はにっこり、川遊びを満喫していました^^

あまりに取れないのを見かねたのか、同じく「魚飛渓」まで遊びに来ていた子供達が、捕まえたアユを譲ってくれました。

どうやって取ったのか尋ねたところ、ペットボトルを使って罠を作って30分ほどで取ったとのこと・・・なるほど、やっぱり網ではアユは捕れませんよね^^;

アユを眺めて大満足の次女ちゃんでした、歯が抜けていますがw

 

「魚飛渓」では魚と戯れるだけではなく、岩からの飛び込みスポットがあったり

自然の滑り台があったりと、川遊びを満喫するならここ以上の場所は無いんじゃないかというくらい、最高の遊び場でした^^v

あまりの楽しさに遊びに夢中になってしまい、写真があまり撮れなかったのが少し残念。

こういうアクティブな所での撮影ってやっぱり小さなカメラは便利ですよね!

1型センサー搭載の『RX100シリーズ』なら、コンパクトカメラといえども画質もキレイですし、『RX100M6(RX100 VI)』なら200mmの望遠撮影が可能になった事で、水に濡れる心配がない川辺からの撮影でも、大きく映し出せるのがいいんですよね!

スーパースローモーション動画も大きく映し出せるので子供の表情がよく分かってGoodです!
  ※ この動画のために2回も滑って貰いました^^

お盆にもう一度ここに行く予定ですので、今度は川遊びに夢中になりすぎず、写真撮影の方にももう少し注力したいと思います^^

次回はアンダーウォーターハウジング『MPK-URX100A』(と『RX100M5』)を持っていって水中写真にも挑戦しちゃいますよ!


 アンダーウォーターハウジング『MPK-URX100A』

  ソニーストア販売価格:29,260 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら


24-200mmズームレンズと世界最速AFで、躍動する瞬間をダイナミックに切り取る


 【ソニーストア】デジタルスチルカメラ“サイバーショット”『DSC-RX100M6』のご案内はこちらからどうぞ


水深約40mの水中撮影を高画質コンパクトRX100シリーズで撮影可能にするアンダーウォーターハウジング


 【ソニーストア】アンダーウォーターハウジング『MPK-URX100A』のご案内はこちらからどうぞ


コンパクトも今や高画質の時代。「サイバーショット(Cyber-Shot)」徹底レビュー

ソニーのカメラ「サイバーショット」のレビューを当店のホームページでは公開中です!

興味のある方はぜひ、覗いてみて下さいね!




nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。